誰でもできる!エルメスのレザー素材のお手入れ

エルメスのバッグといえば、素材の高級感がひときわ抜きんでているからこそ、世界中で指示されているといっていいでしょう。 製品としての高いレベルはもちろんのこと、素材が持つからこそ長く使うことができ、それだけの対価を払うことをためらわせないのです。

ほとんどはレザーでできており、エルメスだからそのままでも大丈夫、長く持つと思っている人も少なくありません。
高級なレザーが耐久性に優れていることは間違いありませんが、お手入れなしでは長持ちはしないのです。

革はたんぱく質でできた天然素材ですので、何もしないでは長く持ちません。
カビが生えることも珍しくありませんし、色も変色していきます。
レザーは、使い終わったらほこりを取り除き、乾拭きすることが大切です。
使用頻度に合わせてクリームを塗ったりしながら、失ってしまった栄養を与えていくことも忘れてはいけません。

雨に当たってしまった場合には、タオルで叩くように水気を抜き取りながら、陰干しで乾燥させていきます。
こすったりすると、素材を変質させてしまいますので要注意です。
ドライヤーなどで乾かすのは、絶対にしてはいけません。
乾燥でひび割れを起こしますし、型崩れしてしまいます。

エルメスのバッグですから、毎日使いたくなるでしょうが、休ませてあげることも大切です。 湿気が少なく、直射日光の当たらない風通しの良いところに保管して休ませてあげましょう