エルメスの中でも貴重なリザードも日常のお手入れで長持ち!

バッグの素材として、高級感あふれるものは色々とあります。 その中でも、爬虫類系として人気があるのがリザードでしょう。 エルメスもいろいろな商品に使用していますが、有名どころはやはりバーキンです。 25で展開していますが、このリザードは牛皮とは違ったお手入れをしなければいけません。

まず、忘れてはいけないこととして、通常の革製品用のケア用品はほぼすべて使えません。
これは、革製品に使われる成分が、リザードには悪影響を与え変色させる可能性があるからです。
新しいものの場合には、専用のケアスプレーをかけておくことで、汚れなどから防御させることができます。
注意しなければいけないのが、光沢を出す仕上げであるグレージングの場合には、少し離した位置から吹きかけ、すぐに乾拭きをします。
あまり大量にかけず、少な目にかけて磨くことを忘れないようにしましょう。

日常のケアとしては、乾拭きするだけで十分ですし、ワンシーズンに1回ぐらいケアスプレーをかけるだけで問題はありません。
ですが、エルメスが使った素材であっても栄養分は失われていきます。
爬虫類系専用のクリームを少なめにつけ、ポリッシングクロスで磨きましょう。

全体的な汚れにも対応することができますが、せっかくのエルメスのバッグですから、影響を見るためにも見えないようなところから始めていくことが大切です。