逆に新鮮に見えるエルメスのフールトゥを洗濯できる?

エルメスのバッグの中でも、ガンガン使い込むことができたものにフールトゥがあります。
すでに廃盤で、手に入れるのは困難でもありますが、現役で使っている人も多いでしょう。

バッグは使ってなんぼのものではありますが、お手入れもしていくからこそ長く使うことができます。

すでに類似の型も存在しないのですから、うまく使えば目新しいエルメスのバッグとして映るでしょう。
その代り、キャンバス素材のフールトゥですから、汚れも目立ちますので、ひどくなったらきれいにクリーニングして使っていきたいところです。
方法としては、バッグのクリーニング専門店に依頼してきれいにすることもできますが、実は単色や同系色であれば自分で洗うこともできます。

やり方は、洗濯用洗剤を溶いたぬるま湯につけるだけ。
時間は短めで、こすったりせずにゆするように洗っていきます。
ぬるま湯で何回かすすぎ、水分はバスタオルに挟んで抜く感じにすると、型崩れも傷みも出さずに済むでしょう。
あとは陰干しにするだけですが、一日では乾燥しきれませんので、2日~3日は見て完全乾燥させます。
乾燥したら、防水スプレーをかけて生地を保護すると、汚れもつきにくくなりますし、生地も元のようなはりを取り戻してくれます。

ただし、色に差があるものは、色移りする可能性があるので、専門店に任すことが重要です。

せっかくのエルメスのバッグでも、色がむらに移っているようでは、価値がなくなってしまうでしょう。