エルメスの革の中でも山羊を使ったシェーブルのお手入れは防水から

エルメスの中でも、バーキンにも使われる素材がシェーブルです。

エルメスの中でも、バーキンにも使われる素材がシェーブルです。
中でもミゾルは、2002年に登場した、まだまだ歴史の浅い素材ですが、柔らか味がある山羊のレザーです。

【PR】エルメス通販オススメサイト

エルメス・シャネル・ルイ ヴィトンならセレブブランドにお任せ下さい!
エルメス、ルイヴィトン、シャネルの通販専門店です!
URL:エルメス(バーキンとケリー)、ルイヴィトン、シャネルは高価買取り、委託販売も行っています!

雌山羊の大きなサイズは、かなり限られており、希少な素材となっているのです。
目はそれなりに大きく、細かなお手入れが欠かせない素材でもあるでしょう。
もう少し目の大きなものとして、コロマンデルもあります。
型押しが独特で、こちらも高級皮革として使われているのです。

お手入れとして初期の段階では、シェーブルを使ったものの場合には、シダーオイルを使った防水スプレーをかけておきましょう。
20cm程度離した位置から、むらにならないようにまんべんなく吹き付け、自然乾燥させておきます。
乾いたら、ポリッシングクロスで乾拭きしておくと、持ちがよくなるのです。

ここで注意しなければいけないのが、汚れが付いてから行ってしまうと、革の中に汚れを押し込むことになる点です。
必ずきれいな段階から始めることが大切で、できればエルメスの商品を買ってすぐから行っていくといいでしょう。

そこまで柔らかくはないといっても、荷物を入れっぱなしにしたりするのはお手入れとしていけません。
エルメスのバッグが耐久性に優れているとはいえ、傷みを出すことを手助けしているのも同然です。

使わない時には、いらないものをすべて出し、ほこりを払い細かなごみも吸い取って、日に当たらないところに補完しておきましょう。

【PR】エルメスバッグの買取も行っています。

エルメス買取・査定を請け負っております。ブランド品を何処よりも高額買取を行っています。
URL:http://www.celeb-brand.com/lpo/buy/